ナチュラル・オーガニック

モイバームでズボラにおしゃれなママ髪を目指そう!ボサ頭さようなら〜

Moii バーム

朝はとにかく忙しい。
子供がいると特に、ついつい自分のメイクや髪型は後回しになってしまいませんか?

そこで今回は、

ズボラなのにおしゃれに見えるヘアスタイリングテクをご紹介します!!

バーム系スタイリング剤を使うだけでイマドキ!

Moii バーム

“テク”なんて言葉使いましたが、バーム系のスタイリング剤を使うだけ。

これを使うだけで一気にイマドキのおしゃれ髪に変身できる、
しかも、
簡単にセットできるので、朝が忙しい人にぴったりなんです!

私はバームの中でも画像のMoii(モイ)バームがお気に入りで使っています。

ヘアバームとワックスの違い

昔はワックスが主流でしたが、最近はヘアスタイリング剤と言うとバームが若い子の間でも人気です。

とは言っても、厳密にはバームもワックスの一種。

ただ、これまでのワックスとは大きく違う要素があります。

  • スタイリングだけじゃない。髪の毛を保護する。
  • ハンドケアやスキンケアとしても使用できる。
  • セミウェットな仕上がり。

ひとつずつ、解説していきます。

バームは髪の毛を保護する

バームは自然由来の成分から作られていて、脂質を原料に半固形状にしたものです。
例えばシアバターやミツロウ、ホホバオイルといったもの。

要は、天然オイルが配合されたスタイリング剤なのです。

だから、保湿ができて髪に優しい!

髪以外にも使える

天然オイルなので髪に良いのはもちろんのこと、体や顔に使用することもできます。

私は実際、バームを髪につけた後に残ったバームをハンドクリーム代わりに手に塗り込んでいます( ´艸`)

セミウェットな仕上がり

バームの仕上がりはセミウェットと呼ばれるもので、適度な濡れ感が生まれます。

その濡れ感がイマドキ(笑)
ほとんどのバームにはセット力はなく、ニュアンスを楽しむ感じです。

束感も出るので髪にまとまりが出て、パサつきのない艶髪に見せてくれます。

バーム系スタイリング剤の使い方

バームは少しざらっとした感触で、ハードワックスのような硬さがあります。(夏場はやや柔らかくなります)

適当な量を手にとって・・・

Moii バーム

ちなみに、肩下ボブの私は1回でこのくらいの量です。

両手で温めるようにすると、次第にバームが溶けてきます。
初めて使う時はつぶつぶとした感触に驚くかもしれませんが、きちんと溶けるので安心してくだい。

溶けたら、毛先を中心に髪に馴染ませていくだけ。特に何も考えずにババっとつけちゃって大丈夫です。

前髪につけるのを忘れてしまいがちですが、前髪にもつけてあげることでウェット感がしっかり出ますよ。

いやほんと、ちゃちゃちゃっと終わってしまいます♪

コツとかもなくつけるだけでそれなりに仕上がってしまうので、忙しい朝にめちゃくちゃ助かります。
そのままでも、束ねても、ウェット感があるだけで“何かしてる感”が出ます。

時間が経ってもパサつかないので、子供と長い時間外で遊んでいても安心!!

おしゃれにかける時間はないけど、それなりにおしゃれしたい人には絶対おすすめです(*^^*)ぜひ試して見てください〜

おすすめのバーム3選

Moii(モイ)バームが1番お気に入りの私ですが、おすすめのバームを3つご紹介しておきます!

1.Moii(モイ)バーム-Lebel

私が使っているのがこれです。もうすでに3個め。
自然由来成分100%、シリコーンフリーのバームです。滑らかで、髪馴染みがいいです。
巻いた後の髪に動きをつけるくらいのセット力はあるので、巻き髪の人にもおすすめ。
ベタつき感が一切なくて、とっても使いやすいですよ。

2.エヌドット ナチュラルバーム-Napla

エヌドットナチュラルバームは、バームブームの火付け役のような存在です。
シアバターを贅沢に配合し、34度で溶けるシアバターのみを使用しています。
ウェット感が強めで、SNSなどでも一番よく見るバームです。

3.オーガニックヘアワックス-Prodact(プロダクト)

【ゆうパケットのみ送料無料】ココバイ ザ・プロダクト オーガニック ヘアワックス 42g≪ヘアワックス ≫『4562367271012』

柑橘系の爽やかな香りが心地良い、自然由来のバームです。
ウェットすぎない、適度な艶感が欲しい人におすすめの。
比較的、お店で購入しやすい点でも人気です。