UVケア

無印良品の敏感肌用日焼け止めミルクは親子で使えて便利。夏の必需品入り!

無印良品の敏感肌用日焼け止めミルクを購入したのですが、子供と一緒に使えてとても重宝してます。

ただ、
「本当に成分が安心なのかは気になるところ」
ですよね。

そこで、無印良品の敏感肌用日焼け止めミルクの成分や実際に使ってみた口コミレビュー、最後にはデメリット部分も挙げていきます。

無印良品「敏感肌用日焼け止めミルク」の概要

敏感肌用日焼け止めミルクの概要
  • SPF27・PA++
  • 150ml
  • 1,490円

顔・全身に使用できる日焼け止めです。

SPF27・PA++なので散歩や買い物、軽い外遊びにも対応できますね。

価格ですが、敏感肌用の日焼け止めとしては、150ml1,490円は低価格な方ではないかと思います。

乾燥性敏感肌さんに人気の「キュレル」から販売されているSPF30の日焼け止めミルクは30mlで1,650円ほどですからね。

無印良品「敏感肌用日焼け止めミルク」の成分

【フリー成分】

無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー

無香料や無着色だけでなく鉱物油やパラベン、アルコールも使われていないですね!

もちろん誰にでもアレルギーが起きないというわけではありませんが、かなり優しい成分になっているのではないでしょうか。

【注目成分】

グレープフルーツ種子エキス・・うるおい成分

スベリヒユエキス・・肌保護成分

リピジュア®(ポリクオタニウム-51)・・うるおい成分

ヒアルロン酸Na・・うるおい成分

肌を保護してくれるスベリヒユエキスの他にうるおい成分がたっぷり配合されています。
これは乾燥肌さんにも良いってこと♪

 

ざっと成分を見てみても、肌に優しいということがわかります。

敏感肌の大人はもちろん、子供にも安心して使用できますね(*^^*)!

無印良品「敏感肌用日焼け止めミルク」の使い心地

無印良品 敏感肌用日焼け止めミルク

ミルク自体はサラッというより、しっとりとしたテクスチャーです。

ただ、伸びがとても良いのでコスパは良さそう。

肌にスーッと馴染む感じが子供にもすごく使いやすいです。

塗った後のベタつきは多少ありますが、気にならない程度。

ベタつきというよりも、肌がしっとりとうるおっているような感覚です。

無印良品「敏感肌用日焼け止めミルク」のデメリット

最後に無印良品「敏感肌用日焼け止めミルク」のデメリットについて挙げていきます。

唯一気になったのは、紫外線吸収剤を使用しているということです。

紫外線吸収剤は紫外線防止効果は高いですが、肌の上で化学反応を起こすことで紫外線を防止しています。

そのため、デリケートな部分には刺激になってしまうことも。

だから私自身は顔には紫外線吸収剤不使用のUVを使うようにしています。

実際に使用しているのは、ETVOSのUVシリーズや、HANAオーガニックのウェアルーUVです。
>>エトヴォスのミネラルコスメはこちら
>>ウェアルーUV 公式ページへ

紫外線吸収剤を使用しないと高いSPFが出せないと言われているのですが、上記二つはそれぞれSPF35とSPF30!そしてどちらも肌に負担が少なく優しいオーガニック処方。

と、
完璧のUVケアアイテムなんです!!

 

今年の夏はこの二つと、体には無印良品の敏感肌用日焼け止めで日焼けから肌を守っていく予定♪